Staff

髪の病院 佐古貴洋

★★★3つ星

 大阪で12年、地元に帰って来て、ようやく念願のサロンをオープンすることが出来ました。
大阪では、店長、髪のケアリストとして、数々のお客様と接して来て、一番お客様のお悩みとして多かったのは、『髪のダメージ』についてでした。どうしても髪のまとまりが悪い、髪質が変わった、毛が細くなった、フケや抜け毛が多い、パーマやカラーで髪が傷んだ、ストレートやデジタルパーマで髪が硬くなった、など、今の自分の髪の状態がどんな状態なのかに気が付かず、本来の自分の髪とはほど遠くなってる事も気が付かず、そのままにしてパーマやカラーをしている方が殆どです。

髪は、お肌のように傷なんかを自分で治す力(自然治癒力)は、髪には備えられてありません。髪は、皆様もわかるように、はさみで切っても痛くありません。なぜなら、髪は死んだ細胞なのです。その髪をほったままにしておくと傷みっぱなし、自分で治す事の出来ない髪は、綺麗になる健康になる事はありません。

その他にも髪のダメージは、いくつもあります。
紫外線、酸化、ブラッシング、ドライヤー、アイロンの熱、シャンプー剤、ストレス、栄養不足、服用しているお薬の副作用・・・など。
普段何気なしにしている事が、綺麗から、健康から遠ざけているかもしれません。

髪のダメージは、
1、うるおいが無くなる。2、手触り、艶が無くなる。3、弾力、強度が無くなる。
といった順に、段々と、その症状が現れてきます。弾力が無くなってくると、さいごは、切れてしまいます。
パーマやカラーのお薬に傷まない、ダメージしない、そういった薬剤は当店はないと考えています。
今では、頭皮も健康な方が少なくなってきています。綺麗な髪を生やす土台、頭皮そのものも乾燥したり、フケが出たり、かゆみ、湿しんが出たり、頭皮の色が酸化してくすんでいる・・・、髪だけにとどまらず、頭皮までも健康じゃなくなってきている、そんな気がします。
そういった症状にならないためにも、そういった症状になっている人でも、しっかりと、今の自分の髪と頭皮と向き合って、今自分にあったものは何なのか、そこからしっかりと見極めてこれからも、いつまでも綺麗で健康であり続けてほしい、そのお手伝いが出来ればと、想います。